花を育てて心癒され

植物の栽培は当初は食料確保の手段として発展しました。科学とも深く結合し品種の掛け合わせだけにとどまらず遺伝子組み換えなどという高度な科学技術で品種改良を行うようになりました。一方で人々は古代文明の時代から花を美しいと感じ心を癒されてきました。 人間が根源的に花をめでる心を持ち合わせていたために、栽培は食料確保とは一線を画して園芸という方向へも発展したのです。美しい花を育て、樹木を育て、やがてはガーデニングや生け花、フラワーアレンジメントのように芸術、文化として大きく発展しました。

日本でも花の栽培は人々の趣味として広く普及しています。古代の人が野生の花に慰められたように、現代人は花を育てることに喜びを感じるのです。一口に花と言っても様々な種類があります。私たちが一般的に花と認識しているサクラやヒマワリなどは生物学的に分類すると被子植物という種類になります。被子植物は単子葉類と双子葉類に分かれます。単子葉類の花としてはユリやチューリップ、アヤメ、ランが有ります。そして双子葉類は離弁花と合弁花に分かれます。離弁花とは花弁が一枚一枚離れているもので、バラやサクラ、パンジーなどです。

合弁花は花全体が一つの花弁からなっているもので、一見してそれとわかるアサガオの他にもキクやヒマワリなど一見離弁花に見えるものも合弁花に入ります。世界中で花の品種は20万種あると言われていますが、品種改良は日進月歩で現実には数えきれない品種があると考えて間違いありません。 当サイトではそんな花の育て方について紹介いたします。

▼外部リンク
引越しお祝いや移転お祝いに便利な胡蝶蘭の通販サイトです=> 胡蝶蘭 お祝い